2007年10月12日

英検の面接とは

スポンサード リンク
英検面接対策は英検の級によって異なってきます。
まず、英検面接時間はどれくらいなのでしょうか。各級毎の面接時間は次の通りです。

英検5級  面接なし
英検4級  面接なし
英検3級  面接時間5分
英検準2級 面接時間6分
英検2級  面接時間7分
英検準1級 面接時間8分

このように、英検4級、5級の中学初級、中級レベルでは面接がないものの、英検3級から上級になると二次試験として面接があり、時間も少しずつ増えています。


英検面接対策はどうしたらいいのでしょうか。

インターネットで検索するといくつかポイントが見えてきます。
興味深いのは英検面接官が語る面接対策です。
以下にいくつかそのポイントを示します。

・過去問はしっかりやっておく。

英検面接はパターン化されているため、面接官の聞くことが絞られてきます。
事前に面接の想定問答がつくりやすいことになります。
また、何度も声に出して発音練習しておくことが、スムーズな発言につながります。
英検の二次試験対策問題集も様々出ています。
CD付きの問題集で耳を慣らし、何度も繰り返して面接対策を行うと効果的です。

・試験管の目を見て笑顔で答える。
面接は英語のコミニケーションです。英文を正しく話すことも必要ですが、相手に話す姿勢も得点になります。自信がないとこれができない傾向にありますが、そういう人ほどしっかり目を見て話すべきでしょう。

・英語の発音対策
英検面接は、英語による受け答えだけではなく英文を読む要素もあります。(英検2級〜3級)
したがって、声を出して読む練習を日頃から心がけておくべきです。特に、自分の声を録音し、見本と比較することが上達の近道です。

・自分の意見を英語で話せるようにする
英検面接では、ごく単純な質問もあれば、上級になって行くにしたがって時事的な事項についての意見を聞かれる場合もあります。その際に自分の意見を英語で話す必要があるため、世の中で話題になっているトピックスは英語で話せるようにしておくべきです。

・時間の感覚を身につける
英検準1級の面接では、4コマの絵から自分なりにストーリーを作るというのがあり、制限時間が2分と決められています。話す内容が良くても時間オーバーとなると減点対象になるので注意が必要です。

面接で試験管の質問が聞き取れなかった時
英検面接で試験管が質問する英語の内容がわからなかった場合、遠慮せずにもう一度聞き返しましょう。 それだけで、即、減点というわけではありません。常識をこえて何度も何度も何度も聞くのは、多少、減点対象になるかもしれませんが、数回の聞き直しは大丈夫でしょう。
タグ:英検 面接
posted by 英検面接に克つ at 04:39| 英検 面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。